Posts Tagged “設計図”

設計図面の種類

設計図面には、基本設計と実施設計があります。
まず、両方に共通して書かれている項目を挙げてみます。いずれも意匠図面です。
1.案内図・・・周辺の地図で、周辺環境が分かります。
2.配置図・・・建物が敷地のどこに建つのか、隣地までの距離、駐車場の位置、庭、方角が分かります。
3.平面図・・・各部屋、階段、廊下配置や柱の位置から、動線が読み取れます。
4.断面図・・・天井の高さ、床の高さ、開口部の高さが分かります。
5.立面図・・・建物の外観を東西南北の各方角からみた図で、外観デザイン、屋根勾配、開口部の位置が分かります。
6.展開図・・・各部屋の壁面が書かれ、窓やドアの位置、家具の位置、設備機器の位置が立体的に分かります。
7.屋根伏図・・・建物を真上から見下ろした屋根面が書かれ、屋根の形状や寸法が分かります。
8.矩形(かなばかり)図・・・建物の基準となる部分や壁の内部、小屋裏、床下など、出来上がった時には見ることができない内部の仕様が書かれています。
9.仕上表・・・建物の外部及び内部の表面の仕上げや使用材が書かれ、床・壁・天井の仕様が分かります。
10.面積図・・・建築面積、床面積、延床面積がわかります。

実施設計図にだけ書かれている項目
かなり専門的で、難しいですが、トラブルを防ぐためにも、特に気になる項目は、設計者に聞いて見ましょう。
意匠図面には、天井伏図、詳細図、建具表、仕様書、構造図面には、基礎伏図、床伏図、小屋伏図、軸組図、柱・梁材のリスト表、筋かい計算書、設備図面には、給排水衛生設備図、空調設備図、電気設備図があります。

8月 1, 2015 Posted Under: 住宅   Read More