Posts Tagged “狭小住宅”

住宅の建築工法 1

  ひとえに注文住宅といっても様々な様式や工法があります。

 たとえば和風住宅と輸入住宅では同じ注文住宅であれまったく違った表情をしています。

 建築工法についてもいくつかの工法があります。

 代表的なものを取り上げてそれぞれの特徴やメリット・デメリットをあげておきます。

  • 木造在来工法

日本で古くから用いられてきた伝統工法を簡略し発展してきた工法で、木造軸組工法とも呼ばれています。

土台に柱を立て梁と筋違を合わせて組み上げていくことで基礎となる構造部分を構築しています。建築基準法により補強金具を使用し地震による強い揺れに耐えうるものとすることが義務付けられています。本格的な和風住宅を建てる場合の大半はこの工法を使用しています。

この工法のポイントは大工仕事であるということです。それゆえにメリットとデメリットにも大きく影響してくるものです。

メリットとしては、手仕事に近い作業だから融通が利かせやすいという点です。たとえば敷地が変形地であっても対応しやすく、また間取りやデザインに対しての制約が少ないので自由度が高くなります。

デメリットは大工職人の熟練の技が必要となるため、施工する工務店はしっかりとした情報を得て選ぶ必要があります。その他の工法に比べて工期が多少長くかかります。

 時間をかけてでもより良い物を求めるという方や、伝統的な日本家屋にこだわる方からは昔と変わらず信頼される工法として支持されているのが木造在来工法です。日本の風土や文化に沿って発展してきた工法だけに、日本人にはいちばん合っているのかもしれませんね。

6月 26, 2012 Posted Under: 住宅, 工法   Read More

狭小住宅について

最近よくテレビや雑誌などで狭小住宅が取上げられていますね。

大分の土地ではあまり考えられないことです。

非常に狭い土地に建てられた住宅で一般に約15坪以下の土地に建てられる住宅が狭小住宅と呼ばれています。

なぜこのような狭い土地に新築住宅を建てるのが流行っているのでしょうか?

それにはちゃんとした理由があるようです。

狭小な住宅は、面積の小ささや用途が限られているために周辺の土地の坪単価に比べると比較的安価な傾向があります。

特に都心部で脚光を浴びている理由が土地の金額の高さにあります。

家を建てたくても土地の値段が高いことで購入が出来ずに諦めていた人たちが、狭く特殊な土地なら安く購入出来ることから、建築家に依頼して特殊な形状の家を建てるようになったようです。

延べ床面積が狭くならないように、3階建てや、地下室、スキップフロアーなど工夫を凝らした斬新な設計の家が多く建家のセンスが試される住宅とも言えるのではないでしょうか?

通常では建てられないような土地に、上手くあわせて設計された住宅を考えて狭さを感じさせず、尚且つデザイン性機能性にあふれた新しいカタチの住宅が脚光を浴びているは当然と言えば当然なのかもしれません。

私の友人が佐賀で住宅を新築で建てて住んでいるのですが、費用を安く抑える為に狭小な土地を購入したのです。

あの時は何を考えてるのかな?と思っていましたが、今考えれば正解だったのかもしれませんね。

住宅には様々な形がありますし、これからも新しい形の住宅が誕生するのを楽しみにしていたいと思います。

1月 23, 2011 Posted Under: 住宅   Read More