和室にパソコンスペース

我が家は一体感のあるLDKに隣接する形で小上がりの和室を設けました。和室に高さを設けたのは、洋風LDKと畳の和室という異なるテイストの空間が隣接するため互いの空間に違和感を与えないようにするためでした。

普段は建具で仕切らずリビングの延長として和室を利用しやすい空間にしています。高さを設けたことで空間の繋がりを大事にすることができながらも、メリハリも生まれ各空間の居心地の良さが高められています。

ここにはパソコンスペースを設けました。横幅と奥行のあるカウンターは、主人が持ち帰りの仕事を行うにも作業がしやすいです。私も家事や育児の合間の時間を利用してパソコンを使い仕事を行っているので、リビングや和室で過ごす子どもの様子を近くでしっかりと確認しながら行うことができるので安心して仕事が行えるのです。いざという時には建具で仕切ってしまえば個室としても利用できるため集中力を高められます。

そして何よりもこのカウンター部分の下は、高さを利用して掘り込みました。このようにすることで足をゆったりと伸ばしてパソコンを利用できるのです。長時間利用しやすくなっています。作業カウンターの上部には扉付きキャビネットが設けられていますし、横の壁には壁面収納を造り付けています。キャビネットにはパソコン関連用品や仕事の書類などを整理しています。そして壁面収納には子ども達のおもちゃや幼稚園グッツ、部屋着などを整理することができています。和室は、子どもから大人まで利用しやすい空間となっています。

6月 11, 2018 Post Under 住宅 - Read More

Comments are closed.