クローゼット収納

扉を活用
その日のベストなコーディネートを完成させるのも、クローゼット収納の大事な役目です。クローゼットの扉をアクセサリー収納にして、小さなフックを取り付けてネックレスを吊り下げたり、ウォールポケットにブローチやバングルを入れておいたりしましょう。ベルト、ストールなどの小物にも応用できます。扉用のコートフックを使って、明日着る服を掛けておいても良いです。

バッグの縦収納
バッグは大きさもマチマチで、収納に苦労するアイテムです。一番困るのは、立てて置いたバッグが横倒しになって型崩れを起こすことです。格子状に仕切れるラックを使って、バッグを立てて収納します。自立しにくいバッグには古くなったタオルやニットを入れ、しっかりと安定させたうえでブックエンドを使って立てます。壁やドアにフックを付けて、吊り下げても良いでしょう。

一目で選べる収納
スカーフやストールはコーディネートのキーポイントで、色、柄、サイズ、素材の違いでフォーマルからカジュアルまで、さらに冷房対策や防寒にも役立ち、繰り返し使うので、散らかりやすいです。スカートハンガーやズボンハンガー、布製ケースなど市販のグッズを使って、サっと掛けるだけや、クルっと巻いて入れるだけという簡単な方法で収納しましょう。

脱いだ服やまた着る服の置き場所をつくる
帰宅して脱いだ上着はすぐにしまわずに、ハンガーに吊るして、壁掛けフックやドアフックに一時的に掛けて、風を通します。寝間着や部屋着といった家で着る服は、カゴに入れて寝室のベッド近くに置くか、クローゼットの衣装ケースの上などに置きます。脱いだままにするか、カゴの中に入れるのか、その手間はほとんど変わりません。

2月 27, 2018 Post Under 住宅 - Read More

Comments are closed.