Archive for 11月, 2015

空間を広々と見せるポイント

家造りをする人のほとんどが少しでも広々とした空間で暮らしたいと思うものです。家族で長時間過ごすリビングにおいては広さを求める人が多いです。広い空間でのびのびと、開放感たっぷりのリビングは居心地の良さを高めてくれます。面積が広ければ広さや開放感を感じるのは当たり前のことなのですが、面積的に広さを確保できなくても工夫次第で広く感じられるようになるのです。

また同じ広さの住宅でも、設計やその工夫によって広く感じることもあれば、狭く感じてしまうこともあるのです。私は多くの住宅を見てきてそれを実感しました。まず明るさです。空間を明るく、そしてシンプルにすることが大事です。インテリアの白みを明るいトーンで統一するといいのです。それだけでなく大開口の窓を取り入れ外からの明るさをたっぷり取りこむことで室内がより明るくなります。吹き抜けにして明るさをより多く取りこむことで開放感がプラスされるのです。

そしてできるだけ置き型家具を少なくするのです。少なくすることで部屋がスッキリとなり、広さを実感できます。そのためには収納スペースを充実させておくのが大事です。それに加えてLDKにできるだけ壁や建具で空間を区切らないことが大切です。壁や建具がないことで視線が奥に繋がります。視線が先に繋がることで空間的広がりを感じられるのです。吹き抜けを取り入れることで、明るさを確保できるだけでなく、二階にまで視界が繋がることで面積以上の広さを感じられるのです。工夫を凝らして家族が快適に暮らせる家を目指しましょう。

11月 7, 2015 Posted Under: 住宅   Read More