Archive for 7月, 2015

洗面室

洗面室は家族みんなが使用します。また使用頻度の高い空間でもあります。手洗いをしたり、入浴の前後、歯磨きやお出かけ前の身だしなみを整えたりと多目的に使用します。またここに洗濯機を設置する家庭も多いです。洗濯機を設置することから家事を行う場所の一つでもあるのです。

この空間は家族全員が使用する物が集まるので、片付かない!と収納場所の少なさに不満を抱えている人も多いと思います。洗面室の広さで一般的なのが1坪です。しかし最近ではこれらの不満を解消するかのように1.25坪やそれ以上の広さを確保し、余裕を持たせるようになってきました。収納スペースの確保だけでなく、お風呂に入るために洋服を脱いだり、着たり、体をふいたりなどの動作をすることから、物に当たらず動作が円滑に行える程度の広さが求められるのです。

またここに下着や部屋着、パジャマまで収納しておければ、洗面室がより便利で使い勝手のいい空間となるのです。帰宅して、手を洗い部屋着に着替えるということもよくあります。わざわざ二階のクローゼットに部屋着を取りに行かなくても、手を洗った場所と同じスペースで着替えを行うことができます。
また入浴の事前準備もスムーズに行えるようになるのです。万が一事前準備を忘れても、必要なものが洗面室内にあるので便利さを感じることでしょう。1坪という限られた空間でもデッドスペースを生まず収納力をアップさせることができます。

洗面化粧台と洗濯機の間のわずかなスペースにキャビネットや棚を置けば、洗剤などのストック品を収納できます。また洗面化粧台と洗濯機の上部にもキャビネットや棚を設けることで、それらの衣類をしまうこともできます。空間を上手に活用し家族みんなが使いやすい洗面室にしたいものですね。

7月 6, 2015 Posted Under: 住宅   Read More