Archive for 8月, 2014

夢の輸入住宅

私は家を建てるなら絶対輸入住宅がいいと思っています。
まず私たち夫婦が住宅に望むことは高気密・高断熱住宅で夏は涼しく冬は暖かい住宅にすることです。
そして長期に渡り住み続けられる家というのも重要なポイントです。近隣に建ち並ぶ住宅に似ているのではなく自分達らしさの現れた個性のある家にしたいということです。
これらを総合的に考えると輸入住宅が最適なのではないかということに気づいたのです。

輸入住宅は高気密・高断熱住宅で高い耐震性能にも優れているのです。
日本は地震大国でもあるので耐震性に優れている住宅は安心できます。
輸入住宅の建築工法は2×4工法です。
この工法は在来工法の役2倍ほど強さを持っていると言われています。
地震に強いだけでなく高い防火性も兼ね備えているのです。
柱や梁で住宅を支える在来工法と四辺の壁や床など面で住宅を支えるのでは強度も変わってくるのです。
バランスのいい構造体と言えます。

海外の住宅を思い浮かべてもやはり魅力は耐久性に優れていることです。
100年近い耐久性を持っている住宅は長期に渡り住み継ぐことができます。
一生に一度の高い買い物となる住宅は安全で、何世代に渡り住める家であればいいなと思います。
そして輸入住宅最大の魅力は何と言っても高いデザイン性だと思います。
外観から内装と日本の住宅でもないオシャレさがあると思います。
自分らしさや個性を生かすにはもってこいの住宅だと思います。
夢の輸入住宅が現実のものとなるように間取りやデザインを考え最高のマイホームを手に入れたいと思っています。

8月 19, 2014 Posted Under: 住宅, 工法   Read More