Archive for 2月, 2013

小さい家

 小さい家、コンパクトな家が好きです。

子供はいずれ独立して家を出ていきます。そうなると広い家は夫婦二人にとってはただの空き箱みたいになってしまうような気がしませんか?

でも子供が成長して巣立っていくまでの子供スペースをどのように考えるかが難しいですよね。結局は出ていくのもの割り切ってもかわいさのあまり、広い子供部屋を作って与えてしまったりしがちですよね。先々のことを考えながらの子育ては楽しくありませんもの。でもそのスペースがやがて無駄なスペース、なくしたい空間となるかもしれません。ですから最低限の子供部屋を作るようにしたいものです。一人っ子であれば一部屋で足りますが、二人以上で兄弟同性であれば中を可動式の仕切りでマジ切るとか、間にベッドを置いて勉強机は反対側に配置するとかなどの工夫でいくらでも個室感覚で使用できると思います。男の子と女の子であれば、やはり別々の部屋が必要になってくると思いますが、片づけ上手にするためにもそれほど広い部屋を与える必要はないと思います。子供も「家も小さいから部屋も小さい。」と考えることで、無駄なことを識別できる子供に育つかもしれませんし・・・

家が小さいと、建築費用を少なくできますし、固定資産税の節約にもなります。またメンテナンスの費用も大きい家に比べたらそれほどかからないので、その分を他の楽しみに充てたらいいのではないでしょうか?

子供が独立した後、家を減築する話も聞きます。わざわざそんな無駄をしないためにも、最初から小さな家のメリットを理解し、そこで家族が楽しく暮らせる工夫をしながら子育てをすることも、とっても幸せな生活だと思います。

2月 6, 2013 Posted Under: 住宅   Read More