Archive for 12月, 2010

省エネ住宅

最近インターネットを見ていると「省エネ住宅」というキーワードを目にします。

工務店の集客ホームページなどを見ても省エネだったり健康だったりとアピールしています。

省エネ住宅ってどういった家なのだろうか?ちょっと調べてみました。

省エネで快適な住い作りの基本は、冬の主要対策「高断熱」と夏の主要対策「日射遮蔽」です。

こうすることで快適に過ごせるようにし、冷暖房のエネルギーロスを抑えて省エネルギー効果を促進する住宅を総称して「省エネ住宅」と呼ぶようです。

では快適な住いとはどういった住宅なのか?

冬に高断熱の住宅は、室内の暖かい空気が外に逃げず、部屋内や部屋間の室温がほぼ均一で、風呂もトイレも寒くなく、結露もしにくい家のこと、夏は室外からの熱気が入らずに快適に過ごせ、エアコンでも良く効く住宅のことだと思います。

こうする為には、断熱材の施行が重要になります。

外気に接している部分(床・外壁・天井又は屋根)を、断熱材で隙間なく埋めてしまうことが重要です。

隙間が開いているとそこが断熱の弱点になってしまうからです。

また温度差が生まれ結露の原因になってしまいます。

また窓も弱点になりますのでペア硝子が良いようです。

夏にはヨシズなどを窓の外にかけて、熱を遮断することが重要になるようです。

こうすることでエアコンのエネルギーを抑えられますのでCO2の削減にも貢献できますし、お財布にもやさしいのです。

今後家を建てる私の住宅も省エネが出来るようにしていきたいなと思っています。

これからの住宅は省エネ住宅ですね。

12月 5, 2010 Posted Under: 住宅   Read More